ラビットアプリ

Ravit(ラビット)で既読を確認するには?既読スルーされてしまいがちな女性必見!

Ravit(ラビット)を利用している人の中で、なかなかメッセージが続かないという人がいるかと思います。

中には、既読スルーされて、返信すら来ないという人も多いでしょう…

 

「Ravit(ラビット)で既読スルーを確認するためには?」

「Ravit(ラビット)で既読スルーをされる人の特徴を教えてほしい!」

「既読スルーされないようにするための対策を知りたい!」

 

このように、今回はRavitで既読スルーされがちな人を対象に、どのような対策方法があるのか解説していきたいと思います!

男性とのメッセージがなかなか続かない人や、メッセージを継続させたいと思っている人は必見ですよ!

 

理子研究室長
男性から既読スルーされないようなメッセージ例も紹介するので、しっかり押さえておきましょう!

 

よくわかる解説

女性は無料で既読機能がついている

既読スルーの原因は女性にあることが多い

既読スルーされないためにも返信しやすい内容で送ることが重要

Ravit(ラビット)でメッセージの既読を確認するには?

Ravit(ラビット)には、既読機能があります

使用する際に、男性は”プレミアムプラン”に登録する必要がありますが、女性の場合は会員登録するだけで確認が可能です。

 

 

LINEのように、メッセージを送った時間の横に既読マークがついていますね。

こちらを見れば、相手がメッセージを読んだのかどうかを判断することができます。

 

 

既読されていない場合、既読というマークがつかないので、そこで相手がメッセージを読んでいるかどうか判断することができます。

本来既読機能というのは、相手の安否を確認するための機能でした。

 

しかし、今では”相手がメッセージを読んだのかどうか確認する”という役割で使われることが多いですよね。

メッセージ・状況次第では、既読スルーされることもありますからね…

 

研究員A子
話が盛り上がっていたのに、いきなり既読スルーされるとダメージが大きいですよね…笑

 

ただ、未読スルーされるよりはダメージは少ないです。

既読されていることが確認できたら、相手がまだRavit(ラビット)を利用しているということなので、別の切り口でメッセージを送るのも良いでしょう!

Ravit(ラビット)でメッセージを既読スルーされてしまう女性の特徴3選!

Ravit(ラビット)の既読機能は、女性の場合はデフォルトの機能として備わっているので、変に既読スルーを気にしてしまう人も多いでしょう。

 

気になっている相手とやり取りをしているときに、いきなり既読スルーされてしまうとダメージが大きいですよね…笑

しかし、既読スルーされてしまう原因は、あなた自身にあることがほとんどです。

 

既読スルーされてしまう人の特徴として挙げられるのは、以下の通りです。

 

相槌しか送っていない

自分のことばかり優先させている

あまりにも長すぎる文章を送っている

 

これは、私もRavit(ラビット)を利用しているときに痛感したことです。

私が既読スルーすることをありましたし、逆に私が既読スルーされることもありました。

 

ただ、相手が返信を忘れて既読だけつけている可能性もあります。

この場合は、まだメッセージを続けられる可能性があるので、別の切り口でメッセージを送る価値はありますよ!

相槌しか送っていない

女性は特に注意してほしいのですが、メッセージをしているときに相槌しか送っていない場合は、既読スルーされやすいです。

まず、ファーストメッセージの時点で、相手から以下のようなメッセージが来たとします。

 

 

この際に、「こちらこそ!」と返信してしまうと、当然既読スルーされてしまう可能性が高まってしまいます。

あなたが同じ立場になったとき、気になる男性とマッチングしたのに、返信が一言で終わってしまっていたらそこからさらに返信する気が失せるでしょう…

 

Ravit(ラビット)には多くの会員がいるので、男性側もあなた一人に固執する必要はありませんしね。

脈なしと判断された時点で、男性は自然と離れていきますよ!

 

実際に、私も同じパターンで何度も既読スルーされてしまったことがあります。

前向きに相手とやり取りしたいなら、丁寧に対応することが重要です。

 

話題が見つからない場合は、以下のような例文で送ると良いでしょう。

 

【例文】

初めまして!
こちらこそよろしくお願いします♪

いっぱいお話しましょうね♡

 

話題は提供していませんが、相手に脈ありだと思わせることができるので、会話を引き出すことができますよ♪

自分のことばかり優先させている

男性と会話をしているときに、自分の話ばかりしている人は、既読スルーされる可能性が非常に高いです。

女性は、どうしても相手に話を聞いてほしいという一心から、自分の話ばかりをしてしまいがちです。

 

 

しかし、それが原因で既読スルーされてしまうこともあるので注意しましょう。

私も何度も同じような経験をしてきましたし、気を付けたほうが良いポイントです。

 

相手目線でやり取りする

お互いいい塩梅でやり取りする

聞き上手になる

 

Ravit(ラビット)でやり取りするときは、これらを気を付ければ既読スルーされることは少なくなります。

重要なのは、相手目線でやり取りするということです。

 

あなた自身が話を聞いてほしいという気持ちも分かりますが、マッチングアプリはお互いの波長を確かめる場所です。

会う前に、”この人とは波長が合わないな…”と思われてしまうと、既読スルーされてしまいますよ!

 

理子研究室長
既読スルーを避けるためにも、まずは会話を続けることを意識したほうが良いです!

あまりにも長すぎる文章を送っている

自分の話をしたいあまり、メッセージが長文になってしまうことがあります。

また、会話が盛り上がっていくにつれて、ボリュームが多いメッセージを送ってしまうことも少なくありません…

 

 

このように、長すぎるメッセージを送ってしまうと既読スルーされてしまいます。

相手に興味を持っているのは分かりますが、いきなりこういう文章が送られてくると、正直疲れてしまいますよね…笑

 

男性とやり取りしていても思いますが、文章が長くになるにつれて、徐々に返信がうっとうしくなってしまうものです。
※個人的な意見

ここで意識したいのは、文章量を相手に合わせるということです。

 

例えば、相手が以下のボリュームで送ってきた場合。

 

【例文】

そうですよね!
僕も普段はフットサルをしていて
大学のサークルをそのまま続けています!

女性でも気軽にできるからいいですよね♪
リコさんはフットサル以外に何かありますか?

 

この場合、返信できる内容は、”フットサルへの相槌・他の趣味”です。

5行程度で送っているので、同じくらいにメッセージをまとめるのがベストです!

Ravit(ラビット)でメッセージが既読スルーされないようにするための3つの工夫!

上述の通り、Ravit(ラビット)では状況次第では既読スルーされてしまうことがあります。

何事にも原因がある通り、既読スルーにももちろん原因があります。

 

もし、あなたが既読スルーされたくないと思っているなら、以下の工夫を行うと良いでしょう。

 

返信頻度を相手に合わせる

返信しやすい内容を送る

文章をスマートにする

 

これらの工夫をすることで、返信されやすくなりますよ!

Ravit(ラビット)で既読スルーされることが多い人は、それぞれ意識することをオススメします!

返信頻度を相手に合わせる

まず、返信頻度は相手に合わせることが重要です。

既読スルーされる理由の一つとして、お互いのタイミングが合わないというものが挙げられます。

 

例えば、相手がサラリーマンをしていて、毎日19時以降に返信が来る場合は、その時間帯にメッセージを送ると返信が来やすくなります。

それが平日の昼間に返信してしまうと、その時点で既読がついてそのまま返信されないということもあるのです。

 

理子研究室長
相手がオンラインになっているときにメッセージを送ったほうが、返信率は高まりますよ!

 

そして、相手がそこまでメッセージが好きそうな人ではない場合は、相手の返信のペースに合わせましょう。

たとえば、1日に3通程度しか返ってこないなら、相手が返信する時間に合わせて同じペースでメッセージを送ることが重要です。

返信しやすい内容を送る

既読スルーされないためにも、メッセージを送る際には、返信しやすい内容で送りましょう。

メッセージをしていく中で、いろいろな話をすると思いますが、中には返信しづらい内容というのももちろんあります。

 

個人的なこと※会社名、年収など

連投メッセージ

質問攻め

 

このあたりは、男性が答えづらいことですし、女性の勢いに圧倒されることが多く、既読スルーの原因になってしまいます。

また、プロフィールを読んで分かるようなことは、聞かないのがベストです。

 

 

こちらの男性の場合、趣味にスポーツと書かれています。

詳しい内容がプロフィールを見れば把握できますが、会話の中で「趣味は何ですか?」と聞いてしまうと、プロフィールを読んでいないのがバレバレですよね。

 

建前では、「スポーツですよ♪」と答えてくれるかもしれませんが、本音では”いや、プロフィール読めよ”と思っているかもしれません…

このようなことが蓄積していくと、最終的には既読スルーにつながってしまいます。

 

そのため、文章を簡潔にして、返信しやすい環境を作ることが重要です!

文章をスマートにする

最後に、文章をスマートにするということです。

NGパターンで紹介した通り、長文メッセージというのは、返信をすること自体が面倒になってしまうので、既読スルーの原因になります。

 

そのため、文章をスマートにすることを心がけましょう。

 

 

先ほど紹介した過去に私が送った文章ですが、客観的に見ても既読スルーしたくなりますよね…笑

あまりにも長すぎるので、省略できる部分はすべて省略しました!

 

その結果、以下のようになりました。

 

【例文】

そうですね!
私は結構音楽聞きます♪
主にロックが多いですね!

ちなみに、好きな音楽とかありますか?

 

10行以上の文章が、ここまで短くなります!

このくらいスマートなら、相手は最悪質問に答えるだけで話が成り立ちます。

 

長文で来るよりも、このようにスマートなほうが、既読スルーされる可能性は低くなりますよ!

相手も悪意があって既読スルーしているわけではありませんし、極力メッセージを続けたいと思っているのが本音です。

 

ただ、状況によっては既読スルーすることもあるということです。

男性がメッセージをすぐに返したくなる文章作成術!

ここまでで、Ravit(ラビット)で既読スルーされるとき、どのような原因が考えられるかお分かりになったかと思います。

ただ、原因を解明したところで、具体的にどういうメッセージを送ればいいのか分からないという人も多いでしょう!

 

そこで、マッチングアプリ全般で使える、男性がメッセージをすぐに返したくなるような文章作成術を紹介します!

具体的には、以下の通りです。

 

「さしすせそ」を意識する

質問形式で相手に興味を示す

ハートを使ってあざとさを演出する

 

この3つを意識すれば、男性からの返信率がアップします!

文章作成をするときは、何気なくしている人も多いと思いますが、テクニックを意識すれば男性を虜にできます。

 

過去に好みの男性から既読スルーされてきた経験がある人は、今後同じような経験をしないためにも、テクニックをしっかり把握しておきましょう。

これらは、実際に私が実践していたテクニックです。

 

その結果、既読スルーされることは少なくなり、今ではRavit(ラビット)で素敵な彼氏を見つけることができました♪

 

理子研究室長
タイプの人とお近づきになりたいなら、必見ですよ!

「さしすせそ」を意識する

文章を作成する際に意識してほしいのが、「さしすせそ」を意識するということ。

男性が返信してきたときに、相槌で送ると効果的なものばかりです。

 

さ:さすがですね!

し:知らなかった!

す:すごいです!

せ:センスありますね!

そ:そうなんだ!

 

ビジネス系の接待等で使われることがありますが、Ravit(ラビット)でも同様に実践したところ、効果がありました!

ただ、毎回このような相槌を打っていると、面倒な人だと思われてしまうので、自然な頻度で出すようにしましょう。

 

【例文】

相手「仕事は○○をしていて、営業職です」

あなた「そうなんですね!どういうことするんですか?」

相手「基本は新規メーカーの開拓ですね!結構大変で…」

あなた「営業職ってそこまで大変なんですね…知りませんでした!」

 

このように、会話の中で「さしすせそ」を意識することで聞き上手になれますよ。

相手からしても、「興味を持って話を聞いてくれている!」と思うので、脈なしと判断される可能性が下がり、既読スルーを防ぐことが可能ですよ!

質問形式で相手に興味を示す

次に、メッセージを送る際ですが、質問形式で送るようにしおましょう。

返信する場合、相槌だけではどうしても既読スルーされる可能性があります。

 

会話を続けるために、質問文を最後に入れます。

ここで意識したいのは、話題に沿った会話をすることです。

 

あなたの趣味の話をしているところに例にとりましょう。

その場合、「○○さんはどういう趣味があるんですか?」と最後に聞くと良いでしょう。

 

相手は、その質問に答ええば会話が成り立ちますし、そこで会話が途切れることはありません。

 

相手への興味を示すことができる

会話が続きやすくなる

相手からの返信率も高まる

 

質問をすれば、このようなメリットがあります。

まず、相手への興味を示すことができるので、少なからず好意があるということをアピールすることが可能です。

 

会話も続きますし、脈ありと判断されれば、男性からの返信率も上がりますよ!

波長が合えば、そのままアポということも普通にあるので、しっかり意識したいところです。

ハートを使ってあざとさを演出する

最後に、あざとさをアピールするという点です。

Ravit(ラビット)では、既読スルーされる人は全体的に冷たい人が多い印象です。

 

メッセージを見せてもらっても、冷めている文面の人が多く、メッセージを楽しんでいないような感じがします。

少しでも、あなたが会いたいと思っているなら、ハートを使うようにしましょう。

 

例文を紹介すると、以下のイメージです。

 

【例文】

いいと思います♪

私も○○さんと同じ趣味でうれしいです♡
いつか、一緒にできたらいいですね!

 

この文章を男性が送られてきたら、高確率で勘違いしてしまうことでしょう…笑

ただ、相手のことを本気で落としにかかっているなら、このくらいの文面でも問題ありません。

 

使いすぎると、既読スルーされるどころか、相手からのアプローチが増えすぎて、あなたが既読スルーしてしまうかもしれません…笑

 

理子研究室長
使いすぎには注意ですけど、あざとさアピールはいいことですよ!
研究員A子
まさに、女性の武器という気がして、効果的だと思います!

まとめ

今回、Ravit(ラビット)で既読スルーされる人のために、どういう原因や対策があるのか紹介しました。

Ravit(ラビット)に限らず、マッチングアプリでは既読スルーされることがしばしばあります。

 

男性も悪意があって既読スルーしているわけではありません。

別にタイプの人が見つかったという理由ではない限りは、基本的には女性側に原因があります。
(例:相槌しか打っていない、長文メッセージ、質問攻めなど)

 

そのため、メッセージを続けたいと思っているなら、相手のことを思いやったメッセージが重要です。

 

プロフィールに沿った内容で送る

適度に質問する

長すぎない文章で送る

 

これらを気を付ければ、既読スルーされることも少なくなりますよ!

また、脈ありの相手なら、あざとさを積極的にアピールしていきましょう。

 

相手からのアプローチも増えますし、既読スルーはなくなります!

ただ、過度なアピールは、相手を勘違いさせてしまうことにもなるので、いい塩梅で調整することが重要です。

-ラビットアプリ

© 2020 ラビットLABO Powered by AFFINGER5