ラビットアプリ

Ravit(ラビット)とdine、使うならどっち?両者のメリットとデメリットを徹底分析!

Ravit(ラビット)は、マッチングアプリの中でも恋活・婚活ができるアプリとして有名であり、利用者も増えてきています。

しかし、世の中には多くのマッチングアプリがあり、ハイスペ男子と出会いたい人はdineに登録することもあるでしょう。

 

「Ravit(ラビット)とdineの比較をしてほしい!」

「使うならどっちがいいの?」

「真剣に出会えるのはRavit(ラビット)とdineのどちらのアプリなの?」

 

今回は上記のような疑問にお答えする形で、Ravit(ラビット)とdineを比較して紹介していきたいと思います!

ユーザー層から料金面まで紹介していくので、どちらに登録すればいいのか気になる人は必見ですよ!

 

理子研究室長
Dineは、デーティングアプリの一種なのでマッチングアプリとは少し違います!

 

よくわかる解説

Ravit(ラビット)はカップリング・結婚にオススメ

dineは100%ごはん目的

トラブルになりやすいのはdine

そもそもdineとはどういうアプリ?:序章

 

まず、dineについて知らない人のために、簡単に概要を説明します。

dineは、2017年11月にリリースしたアプリであり、運営歴はRavit(ラビット)とあまり変わりません。

 

アメリカで開発されたアプリですが、それが日本に輸入されたというイメージです。

マッチングアプリという枠に入っていますが、”デーティングアプリ”としての役割が非常に強いです。

 

 

というのも、dineではデートすることを前提として話が進んでいくからです。

一般的なマッチングアプリでは、「いいねを送る>マッチング>やり取り>会う約束」という流れで進んでいきます。

 

しかし、dineの場合は「いいねを送る>会う約束」という流れです。

 

 

コンセプトは、”100回のメールよりも、1回のデートを”です。

 

研究員A子
まさに、百聞は一見に如かずということですね!

 

段階を踏んで出会うというよりも、とりあえずデートをして確かめるというイメージです。

そのため、利用している人も、ごはん目的の人が非常に多い印象があります。

Ravit(ラビット)とdineのユーザー層の比較をしました!

Ravit(ラビット)とdineを比較していきますが、まずはユーザー層から調べていきたいと思います!

当ブログでは、Ravit(ラビット)を紹介していますが、個人的にはかなり出会えるアプリだと思っています。

 

それぞれのユーザー層は、以下の通りです。

 

 

まずRavit(ラビット)からですが、20代前半が非常に多い印象があります。

私も学生ですが、大学生の割合が多く、新卒社会人も多く利用しています。

 

ただ、20代後半以降を合わせると全体の60%存在するので、幅広い年齢層が利用しています

会員層は、紳士系とさわやか系が多い印象があります。

 

Ravit(ラビット)の男性はとにかく優しい人が多いので、性格重視でマッチングアプリを利用したいと思っている方はRavit(ラビット)を利用して損はありませんよ!

 

理子研究室長
個人的な意見ですが、Ravit(ラビット)は年齢関係なくしっかり対応してくれる男性が多い印象です!

 

次に、dineのユーザー層です。

 

 

年齢層は、Ravit(ラビット)とは異なり、最も多いのは30代です。

その次に多いのは40代であり、オジサマ向けのアプリだということが分かります。

 

20代も登録していますが、20代前半は少なく全体の10%未満です。

ただ、女性の利用者は若い人が多いことから、”オジサマと食事をしたいという人”が多い印象。

 

会員層については、イケメンと紳士系が多いですね!

おとなしい人は少なく、全体的に”稼いでいることをアピールをするギラギラ系”が多いので、高飛車男子・ハイスペ男子と知り合いたいならオススメですよ!

 

研究員A子
んー、私は少し苦手かもしれません…

Ravit(ラビット)とdineの料金の比較!

Ravit(ラビット)とdineですが、女性は無料で利用できます。

一部有料機能もありますが、男性と出会う分にはコストもかかりませんし、安心して出会うことができます。

 

しかし、男性は女性とやり取りするのに月額登録が必要です。

それぞれ比較すると、以下のようになりました。

 

プラン内容 Ravit(ラビット) dine
1か月プラン 3,500円/月 6,500円/月
3か月プラン 8,000円/一括 14,400円/一括
6か月プラン 14,100円/一括 22,800円/一括
12か月プラン 22,000円/一括 34,800円/一括

 

これを見る限り、30代以降が多いのも理解できますね…笑

dineは、少し特殊なアプリということもあって、料金はだいぶ高めの設定になっています。

 

どのプランを比較しても、値段はRavit(ラビット)のほうが圧倒的に安く、1.5倍~2倍近く変わってきます。

最も安い1か月プランでもdineだと6,500円かかるので、dineで出会えなかった場合は痛手になってしまいそうですね…

 

理子研究室長
若年層と出会うならRavit(ラビット)で、中高年と出会いたいならdineですね!

Ravit(ラビット)とdineの出会いやすさの比較

Ravit(ラビット)とdineですが、私はどちらも利用したことがあります。

私の主人にも協力してもらって、男性のアカウントでも登録してもらったのですが、dineの女性はとにかく美人が多いです…笑

 

モデルの卵や舞台女優なども普通に登録していて、料金が高いのも理解できると思います。

2つのアプリを利用していく中で思ったことは、以下の通りです。

 

Ravit(ラビット)は段階を踏んで会う人が多い

dineは会う前提で話が進む

 

恋活・婚活アプリのRavit(ラビット)と、デーティングアプリのdineではこのように大きな違いがあります。

気軽な出会いを求めているなら、dineを利用すると良いでしょう。

 

年齢層はオジサマ系が多いので、年上の人と知り合いたい人は、利用しても良さそうです。
※基本的にはご飯目的で終わりますけどね…

Ravit(ラビット)は段階を踏んで会う人が多い

まず、Ravit(ラビット)ですが段階を踏んで会う人が非常に多いです。

ザ・マッチングアプリというイメージであり、以下の流れで出会っていきます。

 

1.マッチングする

2.やり取りする

3.LINE交換する

4.会う約束をする

5.実際に出会う

 

距離感が縮まるのが早ければ、1週間程度で会う約束をすることもあります。

しかし、ある程度やり取りをしたいという人も多く、会うまでに2~3週間かけるのがベターです。

 

 

アプリを利用している人は、このように真剣な目的で利用していることが多いです。

そのため、気軽に出会うというよりは、しっかりやり取りして出会うことがほとんど。

 

目的はさまざまですが、大半は真剣な恋活・婚活目的です。

 

 

公式サイトでは、実際に出会った人の実績が公開されています!

このように公開されていると、”本当に出会えるんだ!”という安心材料になると思うので、閲覧するのがオススメですよ!

 

段階を踏んでやり取りをすれば、マッチングアプリを使ったことがない人でも出会えるアプリです。

dineは会う前提で話が進む※最短即日

次に、dineですがデーティングアプリとしてよく紹介されています。

現在はたくさんのアプリが存在しますが、デーティングアプリはdineくらいです。

 

Ravit(ラビット)と比較して違う点は、以下の通りです。

 

恋活・婚活目的が少ない

利用者のほとんどがご飯目的

やり取りの回数が少ない

 

dineに登録している人は、ごはん目的が多いです。

段階を踏んで出会うRavit(ラビット)に対し、”とりあえず会う”という要素が強いdine。

 

会うまでの流れは、以下の通りです。

 

  1. 男性にアプローチする
  2. 日程を調整する
  3. 実際に出会う

 

メッセージをすることもありますが、日程調整をする際に軽くやり取りするくらいです。

マッチングしたら、即アポが進んでいきます。

 

 

このように、会う前提で話が進んでいくので、やりとりをする男性は慎重に選ばなければなりません。

私の周りにもdineを利用している人がいますが、人によってはP活目的で利用していることもあります…

 

研究員A子
あっ… そこについては触れないでおきますね…

 

出会いの形や、年齢層が高いことを考えると、そういう目的で利用している人がいてもおかしくありません…

Ravit(ラビット)とdineのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します!

Ravit(ラビット)とdineを比較した結果、それぞれに良いところがあります。

利用目的によって、どちらのアプリを利用するか選べば良いだけです。

 

ただ、Ravit(ラビット)とdineにはそれぞれメリットがあればデメリットも存在します。

 

【Ravit(ラビット)】
メリット:カップリング・結婚に真剣な人に出会える
メリット:AIエージェントが管理するアプリ
デメリット:ヤリモクも混ざっている
デメリット:ハイスペ男子と出会える確率が低い

【dine】
メリット:気軽に出会える
メリット:ハイスペ男子と出会える
デメリット:ごはん目的・ヤリモクが多い
デメリット:変な人が多くカップリングする確率が低い

 

このように分けられますが、デートをしたいならdineですね!

ただ、そこから発展させてカップリングしたいならRavit(ラビット)を利用すると良いでしょう。

 

そこまで彼氏がほしいと思っていなくて、将来的にも彼氏を作る予定がない場合は、dineでオジサマ達とデートをするのもありですよ~!
※私はオススメしません

Ravit(ラビット)のメリット:カップリング・結婚に真剣な人に出会える

Ravit(ラビット)ですが、全体的に真剣に利用している人が多い印象。

メイン層は20代前半の男性ですが、大学生でも彼女を作る目的で登録している人もいます。

 

 

さらに、20代後半の男性は、結婚目的でRavit(ラビット)に登録している人もいます。

アプリ全体が真剣なイメージで利用していることが多いので、恋活・婚活目的でアプリを利用したいと思っているなら、Ravit(ラビット)がおすすめです!

 

 

ちなみに、Ravit(ラビット)を運営する企業のサイトには実績が公開されていました。

2019年にマッチングアプリの中で最も結婚・交際数が多いアプリとして、認定を受けています。
※総勢230組

 

このことから分かるように、Ravit(ラビット)は確かに出会えるアプリです。

”マッチングアプリで出会えるかどうか不安”という人も多いと思いますが、dineと比較すると余計に秀でて見える部分ですね…笑

 

理子研究室長
デート率は高いですが、カップリング率は低いですからね…笑

Ravit(ラビット)のメリット:AIエージェントが管理するアプリ

Ravit(ラビット)は、他のアプリと違って、特別な機能が存在します。

それは、”AIエージェントのマッチングサポート”です。

 

 

Ravit(ラビット)は、マッチングアプリ業界では初のAIを導入したサポートを行っています。

ブサカワキャラの”ラビット君”が、あなたの恋活・婚活をサポートしてくれますよ♪

 

マッチング後の話題の提案

最適なデートプラン

マッチングしやすくなるプロフィールの提案

いいね!・マッチング率を上げる方法の提案

 

これらのことを、あなたのマッチング状況から判断して、サポートしてくれます。

マッチングアプリ初心者の場合は、”何から始めればいいか分からない!”という人も多いと思いますし、この機能はかなり便利です!
(私もマッチングアプリの現役時代はかなり助けられました)

 

他のアプリにはない機能ですし、初心者に寄り添った機能なので、かなり好感が持てますよね!

dine以外にも、他のマッチングアプリと比較しても、Ravit(ラビット)以上にユーザー目線で運営してるアプリはないと思います。

Ravit(ラビット)のデメリット:ヤリモクも混ざっている

Ravit(ラビット)ですが、デメリットも存在します。

その中でも紹介したいのが、ヤリモクの存在です。

 

これは、どのアプリにも存在しますし、Ravit(ラビット)だけが例外ではありません。
※dineにも存在します。

Ravit(ラビット)は、年齢層が若いこともあって、大学生を中心として真面目な恋活・婚活目的で利用していない人がたまに散見されます。

 

 

例えばこちらのユーザー。

Ravit(ラビット)に登録していた20代の男性ですが、目的は飲み友達募集。

 

お酒が好きな人からすると、”まずは飲み友達からでいいや”という人も多いでしょう。

しかし、マッチングアプリにいる飲み友達募集の99%はヤリモクなので要注意です!

 

飲み友達募集

まずは友達からがいいです

気軽にご飯でも行きましょう

 

自己紹介文に、この辺が含まれている人は、経験則からしてヤリモクが多いです。

そういう人が言う”友達”とは、セフレのことですからね…笑

 

Ravit(ラビット)を利用していく中で、このような男性と出会ったら、即ブロックをして対応することをオススメします。

Ravit(ラビット)のデメリット:ハイスペ男子と出会える確率が低い

dineと比較した結論ですが、Ravit(ラビット)はハイスペ男子と出会える可能性が非常に低いです。

ユーザー層でも分かったように、Ravit(ラビット)にはあまりイケメンが存在しません。

 

世間でいうハイスペ男子とは、”3高+イケメン”を満たしている人のことを指します。

 

高身長

高学歴

高収入

 

これらを満たしている人が、ハイスペ男子というわけですが、Ravit(ラビット)で実際に検索しました。

検索条件は、「180センチ以上・大卒以上・年収800万円以上」です。

 

 

こちらが実際に検索した結果ですが、全国で表示されたのは300名程度。

ここからエリアを絞ると、一切表示されないところもありそうです…

 

私が若いことも関係していますが、Ravit(ラビット)ではハイスペ男子とマッチングしたことが少なかったですね。

また、中には明らかに年収や身長を盛っている人もいたので、注意したいところです。

 

 

年齢と合わせて、整合性が取れなさそうな人は、うそをついていると判断しても良いでしょう。

dineのメリット:気軽に出会える

次に、dineのメリットを紹介します。

それは気軽に出会えるという点で、dineの最大の武器とも言えるでしょう。

 

dineは、デーティングアプリということもあって、段階を踏んで出会うことはありません。

先ほども紹介したように、マッチングしたら即アポに向けてやりとりが進みます。

 

 

このように、日程調整に入るので、早い段階で会いたい人はオススメです!

その他にも、以下の目的の人はdineに登録すると良いでしょう。

 

ごはん目的で会いたい

経営者や役員とお知り合いになりたい

P活をしたい

 

この辺の目的の人は、dineに登録して損はありませんよ!

しかし、Ravit(ラビット)を利用して出会った私からすると、推奨しません。

 

気軽に出会えて、デートに適していることはdineの最大のメリット。

ただ、まともな出会いにつながったことは一回もありませんでした…

 

基本は男性が負担してくれるので、タダ飯目的で利用するのもありですけどね…

 

研究員A子
その分年上の男性とデートしなきゃなので、気をつかってしまいそうですよね…

dineのメリット:ハイスペ男子と出会える

dineは、年齢層から分かったように30代以降の人がメイン層です。

女性の利用者は、20代前半(主に大学生)が多いのですが、その理由はハイスペ男子に知り合えるからです。

 

dineのほかにも、東カレデートというアプリが存在しますが、そのアプリもまたハイスペ男子と出会えます。

 

ハイスペ男子とのお付き合い:東カレデート

ハイスペ男子とのデート:dine

 

このように、使い分けている人も多いです。

 

 

検証のために、何人かの男性にいいね!を送りましたが、マッチングしたこちらの男性。

学歴は上智大学と、高学歴ですし、身長も高く”上場企業勤務”ということもあってハイスペ層ということが分かります。

 

dineには、こういう男性が普通に存在しますし、相手の意向に会えばマッチングも可能です。

そのため、出会う基準の一つに”ハイスペ男子と会いたい!”というものがあるなら、dineに登録して損はありません。

dineのデメリット:ごはん目的・ヤリモクが多い

dineには、当然ながらデメリットもあります。

特に、利用した中で思ったのは、ごはん目的・ヤリモクが多いということ。

 

後述しますが、カップリングしたいという目的の人はほとんど存在しません。

むしろ、ゼロに等しいといっていいほどです。

 

 

dineでは、このようにごはんを目的としたデートを前提で進みます。

ここから、どのように発展するかは個人次第ですが、3回中3回はその場で解散でした。

 

流れとしては、以下の通りです。

 

1.マッチングする

2.会う約束をして日程を決める

3.デート当日

4.連絡先を交換して解散

 

ここから発展することもありますが、次のお誘いは下心が見え見えです。

 

 

dineで実際に出会った人とのLINEですが、文面の時点でヤル気満々というのが分かりますね…笑

中には、横並びで座ってきてボディータッチを多めにしてくるような”精子脳”の人もいました。

 

dineにはこのような人がいることを念頭に置いておく必要があります。

dineのデメリット:変な人が多くカップリングする可能性が低い

dineは、遊び目的が非常に多いですし、カップリングすることはありません。

変な人が多いのは事実で、利用者のほとんどがヤリモクとなると、利用する気が失せてしまいます。

 

ただ、大学でdineを使っている子に話を聞きましたが、それ前提で利用しているとのこと。

その子は、俗にいうP活をしているような子であり、以下のようなことを言っていました。

 

タダでおいしいご飯を食べられる

人によってはお小遣いをくれる人がいる

経営者や役員と知り合える

 

ご飯を食べるだけで、このようなことになるならいいと思いますが、この中には体の関係も含まれています…

それに抵抗がない人なら、利用しても問題ないと思いますが、私はオススメしません。

 

純粋に出会いたい人はRavit(ラビット)を利用して、まだ遊びたいという人はdineを利用すると良いでしょう。

ただ、カップリングはできないので利用する際は要注意ですよ!

まとめ

今回、Ravit(ラビット)とdineの比較をしました。

Ravit(ラビット)は、恋活・婚活の両方で使用することが可能であり、利用者も多いので出会いやすいアプリです。

 

 

 

Ravit(ラビット)の公式サイトには、このように出会った実績も公開されており、本当に出会えることが分かります。

dineは出会えるアプリということに変わりはありませんが、目的が真剣な婚活・恋活であるRavit(ラビット)とはかけ離れています。

 

ヤリモク

遊び目的

ごはん目的

 

純粋な目的で利用している人は少なく、利用した感想を言うとカップリングはありませんね…

ハイスペ男子と出会えるのは良い点だと思いますが、それ以上のことはありません。

 

Ravit(ラビット)でも、ハイスペ男子を見つけられないわけではありませんので、安心して出会うためにもdineよりもRavit(ラビット)が良いですよ!

 

理子研究室長
自分を大切にするためにも、Ravit(ラビット)で恋活・婚活をすることをオススメします!

-ラビットアプリ

© 2020 ラビットLABO Powered by AFFINGER5