ラビットアプリ

Ravit(ラビット)にストーカーはいるの?実際の被害例や被害に遭わないための方法を解説

Ravit(ラビット)を利用していると、さまざまな男性に遭遇します。

まじめな人との出会いがある反面、ストーカー行為をしてくる人もいるので、注意したいところです…

 

「Ravit(ラビット)にストーカーはいるの?」

「Ravit(ラビット)にいるストーカーの特徴を教えてほしい!」

「Ravit(ラビット)で実際にストーカーと出会った体験談を知りたい!」

 

今回は、Ravit(ラビット)を利用していく中で、ストーカーがいるかどうか気になっている人のために、実態を紹介していきますね!

結論から言うと、Ravit(ラビット)に限らずマッチングアプリにはストーカーがいます…

 

理子研究室長
変な男性と遭遇しないためにも、しっかり見分け方や特徴を勉強していってくださいね!

 

よく分かる解説

Ravit(ラビット)に限らずマッチングアプリにはストーカーが存在する

変に期待させるとエスカレートする

相手にしないのが一番の対策

Ravit(ラビット)にストーカーはいるの?:序章

結論から言うと、Ravit(ラビット)に限らずマッチングアプリにはストーカーがいます。

そして、誰でも遭遇する可能性があるので注意しなければなりません。

私は、Ravit(ラビット)を1年半利用して、今の彼と出会いましたが、それまでに色々なタイプの男性に遭遇しました。

 

実際に出会った男性の中には”勘違い”男もいました。

ストーカーにも種類が存在し、私が遭遇したのは以下のタイプです。

 

ネット粘着型ストーカー

リアルストーカー

彼氏だと勝手に勘違いタイプ

 

詳しい内容は体験談で紹介しますが、いずれも面倒なタイプでしたね…笑

特に、私のような社会経験がない大学生は、Ravit(ラビット)の男性会員から下に見られがちです。

 

「俺で良いやろ?」というスタンスで近づいてくるのが、また腹立ちますね!笑

 

理子研究室長
嘘のような話ですが、こういう人は結構普通にいます!
研究員A子
これがエスカレートすると、ストーカーになってしまうわけですね‥

思い当たれば黒!Ravit(ラビット)に潜むストーカーの特徴4選!

Ravit(ラビット)に限らずマッチングアプリには、ストーカーがいることが分かりましたが、”どういう人がストーカーなのか分からない”という人も多いでしょう。

そういう人のために、Ravit(ラビット)にいたストーカーの特徴を紹介しますね!

 

もし、今やり取りしている男性がこの特徴に当てはまれば、ストーカーに発展する可能性が十分にあります。

具体的な特徴は、以下の通りです。

 

粘着質

メッセージを連投してくる

束縛・独占欲が強い

年齢=彼女いない歴

 

このような特徴が少しでも見えた場合は、ストーカーの可能性が高いです。

ストーカーに出会ってしまうと、トラブルにしかなりません。
※私の実体験です

 

やり取りしていく中で”この人怪しいな”と思ったら、すぐにやり取りをやめることをオススメします!

変に相手に期待させてしまうと、ストーカーがエスカレートしてしまいますからね!

粘着質

まず紹介したいストーカーの特徴は、粘着質であることです。

これはストーカーの特徴というよりも、ストーカーの大前提とも言える要素ですね。

 

粘着質でなければ、ストーカーになりませんからね…

では、Ravit(ラビット)にどういう粘着質な男性がいるのかということですが、以下のタイプは要注意です!

 

あなたとしかやり取りしていない

しつこくアポを取りたがる

足あとを頻繁につける

 

このような特徴がある場合は、相手がストーカーである可能性大です!

個人的に私が感じたのは、”好きとストーカーは紙一重”ということです。

 

私も気になる人が見つかれば、何度もプロフィールを見ていました…笑

そもそも、相手のことが気になっていたり好きだったりしないと、ストーカーにはなりませんよね。

 

研究員A子
それは間違いないですね!愛情がゆがむとストーカーになるわけです…

 

相手が粘着質だと思った場合は、徐々に距離を置くことが重要です!

メッセージを連投してくる

これまでRavit(ラビット)などのマッチングアプリで出会ったストーカーは、メッセージを連投してきます。

粘着質という特徴に関わってきますが、ストーカーは少しでもあなたとの接点を持とうとするのです。

 

少しでも多くやり取りしている時間を確保する

足あとをつけて意識させる

構ってほしがる

 

ストーカーには、このような心理的特徴もあります。

やり取りしている女性が少ないと、あなただけに固執してしまい、自分でも気づかないうちに、ストーカーになってしまうわけです。

 

理子研究室長
変に相手を期待させてしまうと、ストーカーになりますね…

 

私も、Ravit(ラビット)を利用していく中で、連投してくる人に出会ったことがあります。

 

 

このように、相手の都合を考えないでメッセージを送ってくる人は、ストーカー予備軍です。

付き合ったとしても地雷男・ヒモ男になる可能性も高いので、やり取りの段階で切ることが重要です!

束縛・独占欲が強い

Ravit(ラビット)のストーカーは、束縛・独占欲が非常に強いです。

私が経験した中では、一度会っただけで彼氏面してくる男性がいました…笑

 

 

体験談でも詳しく紹介しますが、初デート後にこのようなLINEが来ました…

今の彼から言われるとキュンときますが、何も好意がない人からこのようなことを言われると…

 

正直キモいです!笑

 

 

イケメンが言うのと、ブサメンが言うのではこのような違いがあります。

”もしかしたら俺この子のことが好きかもしれない”と、変に勘違いしてしまうのです。

 

1.デートで脈ありだと勘違いする

2.距離を近づけてくる

3.その女性から関係を絶たれる

4.粘着質になりストーカーになる

 

これは私が体験した、相手の男性がストーカーになったときの流れです。

3番目の段階であきらめる人が多いですが、粘着質の場合はストーカーに発展するわけです…

 

研究員A子
ここまでで分かったのは、ストーカーになる男性の共通点は「自分勝手」ということですね…

年齢=彼女いない歴

Ravit(ラビット)には多くの男性がいますが、恋愛経験が一切ない人も中には登録しています。

 

 

このような男性は、ストーカーになりがちです。

これは、私個人の意見ですが、普通に生活していたら彼女の一人や二人はできると思っています。

 

年齢=彼女いない歴の人は、その人自身に何か原因があるはずです。
(例:束縛しがち、自分勝手、ストーカー癖)

それに、恋愛経験がない人は、女性の気持ちや扱い方に慣れていないので、少し優しくされただけで好きだと勘違いしてしまいます…

 

自分のことを好きだと勘違いしている人に、「私には少し合いません…」などと断ってしまうと、ストーカーに発展してしまうのです。

変にプライドが高いので、「なんで断るんだこのアマは!」くらい思っていることもあります。

 

理子研究室長
恋愛経験がない人にマシな人がいないので、狙わないのがベストですよ!

【実話】実際に遭遇したストーカーの体験談を紹介します!

マッチングアプリにはストーカーが存在するので、これから利用を検討している人や、現在進行形で利用している人は要注意です!

ただ、”本当にいるの?”という人も多いと思うので、私が実際に経験したストーカー体験談を紹介していきますね!

 

私がそういう性格なのかもしれませんが、結構な頻度でストーカーに出会ってしまいます…笑

今回紹介するのは、以下のお話です!

 

ネット粘着型ストーカー

リアルストーカー

 

冒頭でも紹介しましたが、どの人も面倒でしたね…

リアルストーカーに関しては、警察沙汰にもなりました。

 

マッチングアプリには危険な人もいることを念頭に置いておきましょう。

ネット粘着型ストーカー

まず紹介したいのは、ネット粘着型ストーカーです。

これは、マッチングアプリで相手のプロフィール写真に注意するきっかけにもなった出来事です。

 

Ravit(ラビット)で知り合った男性ですが、年齢は私の二個上でした。

その人は、恋愛経験もそれなりにあるIT企業の営業マン。

 

 

さわやかな人でしたし、まじめな男性で信頼していました。

少しだけやり取りしてLINE交換。

 

 

メッセージと実際に会った時の温度差がありすぎて、”この人ないな”と思い既読スルー。

しかし、連投のメッセージを送ってきたので、様子を見てRavit(ラビット)と共にブロック。

 

 

ブロックすれば問題ないと思っていましたが、ブロックから2時間後にTwitterのDMに一件のメッセージが…

私のTwitterを特定してメッセージを送ってきたのですが、IDを記載しているわけでもなかったのでバレたのが不思議でした。

 

聞いてみると、プロフィール写真を画像検索したら、私のアカウントが出てきたとのこと…

 

研究員A子
IT系の人だから、そういう知識も豊富なわけですね…

 

Twitterは鍵垢にして、Ravit(ラビット)のアイコンはSNSと共通しないものに差し替えました…

特定班並みであり、かなり恐怖でした…

リアルストーカー

マッチングアプリには、ネットだけにかかわらず、リアルにストーカーになる人もいます。

これから紹介する男性は、Ravit(ラビット)や他のマッチングアプリを利用している人、利用を検討している人にしっかり意識してほしい要注意人物です。

Ravit(ラビット)ではないのですが、とあるマッチングアプリで出会った35歳の男性で、彼は恋愛経験は一切ないタイプの人でした。

私の年齢も20代前半ということもあって、年齢的なギャップがあります。

 

ただ、相手の顔が私のタイプであることと、不器用な感じが私の恋愛心に火をつけて、自然と興味が湧いてしまったのです。

そして、会う約束をすることに。

 


※モザイクでごめんなさい…

 

普通に会うことができましたが、プロフィール写真と実物が違いすぎたのと、性格が合わなかったので、この時点で関係を切りました。

家に帰る途中でブロック。

 

ここで終わると思っていましたが、彼のストーカー心に火をつけてしまったのです。

 

SNSの特定

行動エリアの特定

会社の電話番号の特定

住所の特定※即通報しました

 

私がInstagramに、以下の写真を投稿していたばかりに、行動エリアや住所がバレてしまったのです。

 

 

普通の写真だと思いますが、拡大してみると情報が出ています。

投稿の内容は、”仕事終わりにそのままカラオケ!”というものです。

 

某アミューズメント施設で働いていることをストーリー等に投稿していたので、そこからバレてしまいました。

仕事終わりに家をつけられて、住所もバレました。

 


※モザイクでごめんなさい

 

こちらは、ストーカーから投函された手紙です…

これが届いた瞬間に、ストーカーされていると気づいて警察に被害届を出しました。

 

Ravit(ラビット)でストーカー被害に遭わないための3つのポイント!

マッチングアプリには、ストーカーが存在することが分かりました…

こういう人に出会ってしまうと、高確率でトラブルに遭ってしまうのであまりオススメできません。

 

あなたがストーカー被害に遭わないためにも、これから紹介するポイントをしっかり意識しましょう!

 

相手を見極めていいねをする

怪しいと思ったら即関係を絶つ

過度に相手を期待させない ※特に意識してほしい

 

特に、ストーカーは勘違いしてしまうと、粘着質が加速してしまいます。

相手に期待させないためにも、ストーカーだと判断したら、即連絡を絶つことをオススメします!

相手を見極めていいねをする

まず意識したいのが、相手を見極めていいねをするという点です。

ストーカーは、マッチングする前から見極めることができます。

 

恋愛経験がなさそうな人

少し根暗な人

仕事一筋でプライドが高そうな人

 

これらの特徴がある人は、いいねをする対象から除外したほうが良いです!

恋愛経験がない人とプライドが高い人は、何もしていないのに勝手に勘違いしてしまいます。

 

特に、プライドが高い人は「こんなハイスペな僕でもダメですか?」というスタンスで近づいてきます。

そういう人は、ストーカーになりやすいのです…

 

研究員A子
変な人とマッチングしないためにも、恋愛経験がそれなりにあって、明るそうな人を探すと良いですね!

怪しいと思ったら即関係を絶つ

Ravit(ラビット)には、多くの男性が登録しています。

 

もし、やり取りしていく中で、”この人怪しいな”と思ったら、即関係を絶つようにしましょう。

そのような人と長くやり取りしてしまうと、相手に変に期待させてしまうことになります…

 

「俺のこと好きかもしれない」

「脈ありだからもっとやり取りしたい」

「好きだからSNSとかも知りたい」

 

このように期待させてしまうと、ストーカーになりやすいです。

そのため、変にやり取りするのではなく、即関係を絶つことをオススメします!

 

特に、上述のようなストーカーの特徴に該当する人がいるなら、即ブロックしましょう。

過度に相手に期待させない ※特に意識してほしい

最後に、相手に期待をさせないということです。

私がストーカー被害に遭いやすかったのは、バカ正直に恋愛テクニックを実践していたからです…

 

男性にはあざとさを出しましょう♡

「さしすせそ」を意識しましょう♡

好意を出していきましょう♡

 

当ブログでも紹介していますが、テクニックを使う対象を間違えると、ストーカー被害に遭いやすくなるのです…

あざとい女性をアピールするために、「私○○さんのことが気になってるかもしれません…」とメッセージを送るとします。

 

本当に気になっている相手なら良いと思いますが、そこまで相手のことが分かっていないのに、このメッセージを送ると高確率で勘違いされてしまいます。

それがストーカーなら…話さなくても分かりますよね!笑

 

理子研究室長
ネットには多くのテクニックが転がっていますが、鵜呑みにして多用してしまうとストーカー被害に遭う可能性も高まるということです!

まとめ

Ravit(ラビット)には、上述のようにストーカーがいます。

遭遇した時点でトラブルに遭う可能性も高まりますし、注意したいところです。

 

今回紹介した体験談やストーカーの特徴を把握しておけば、あなたが被害に遭うのも防ぐことができますよ!

 

即連絡先を削除する

勘違いさせない

相手を見極める

 

これらを気を付けることで、ストーカーに遭遇しづらくなります!

この辺はしっかり意識していきたいところです!

 

理子研究室長
マッチングしたからといって、無理に話を続ける必要はありません!
研究員A子
自分好みの人を見つけてやり取りするのが一番ですね!

-ラビットアプリ

© 2020 ラビットLABO Powered by AFFINGER5